牧師室より

日本基督教団総会(週報2016年11月6日掲載)

10月25日(火)から27日(木)にかけて、池袋メトロポリタンホテルを会場にして第40回教団総会が開催されました。この総会は一年おきに400名の議員によって行なわれるものです。

今回は「伝道する教団の建設…十字架の贖いを土台として…」の主題のもとに、選挙、各種予算決算等の法定議案の他18の議案があり、総計51の議案審議がなされました。
選挙の結果は、総会議長・石橋秀雄牧師(越谷教会)、副議長・佐々木美知夫牧師(静岡教会)、書記・雲然俊美牧師(秋田桜教会)が再選されました。
4年の任期を終了した長崎哲夫総幹事の後任は選任に至らず、選任されるまで総務幹事が事務取扱をすることになりました。
常議員教師14名、信徒13名も選挙され、新しい総会期の教団運営が託されました。
その他、海外諸教会から10教会の来賓14名が出席され、またシンガポール日本語キリスト教会の松本彰宏牧師による海外宣教報告がなされました。
また竹澤知代志出版局長が4年の任期を終え退任、新藤敦氏が出版局長に選任されました。

牧師室より 一覧ページへ