牧師室より

「熊本・大分地震被災教会会堂等再建支援募金」(週報2016年10月30日掲載)

熊本・大分地震被災教会会堂等再建支援委員会が教団では設置されています。

4月14日以来、長期にわたり地震が続きました。そのため、直接的な地震被害の救援ばかりでなく、破損した教会堂の再建修理が必要となっています。

被災した教会は次の14教会です。

(熊本県)錦ヶ丘教会、熊本草葉町教会、武蔵ヶ丘教会、熊本城東教会、八代教会、合志豊岡伝道所、隈府教会

(大分県)別府教会、別府野口教会、別府不老町教会、湯布院教会、玖珠教会、竹田教会

(長崎県)諫早教会

そして在日大韓基督教会熊本教会も被害を受けました。

以上の教会の再建を支援するための必要額は1億8千万円です。教会の再建は伝道の基盤の再建です。

ぜひ御協力をお願いいたします。

牧師室より 一覧ページへ