牧師室より

信仰の原点

4月26日の礼拝では、ペトロの挫折した体験から信仰の原点に戻るという話をいたしました。信仰の原点に立ち戻って、再び主によって力を得たというのです。
信仰の原点に立ち戻る、それは大切なことです。
私たちの信仰生活にも、それぞれの原点があると思います。私たちは、そこに立ち返って主の恵みにを思い起こすことは自分の信仰生活にとって大事なことだと言えましょう。

私たちの信仰の原点、一つには、それは受洗の時に表われてきています。受洗志願の時には自分の「信仰告白」を書いて役員会の試問を受けることになっています。

私たちの教会でも、その通り行われてきたでしょう。それで、教会の古い書類を調べました。書類の束の中に、みなさんが書かれた「信仰告白」がありましたので、ファイル整理をしました。野村牧師時代が79通、伊藤牧師時代が46通、合計125通の「信仰告白」が残されておりました。簡単なものも、これまでの歩みを書いたもの等さまざまですが、これが一人一人の信仰の原点です。私たちはその時点を振り返りつつ、信仰の歩みを続けたいとおもいます。

牧師室より 一覧ページへ