牧師室より

「教会の会議」

 私たちの教会における集会(総会も役員会もすべての会)は祈りによって開かれます。それは「祈りの部屋」であると表現できます。祈りによってドアが開かれ、祈りによってドアが閉じられるのです。
 私たちの教会である日本基督教団は「総会議事規則」を持っています。その第1条は「会議および委員会は祈祷をもって開閉される」と規定しています。これは各個教会における教会総会、教会役員会、委員会にそのまま準用されます。教会における会議は神の御前におけるものだということが示されています。
 神の前でその席についた者は、まず自分を始め全ての者が「赦された罪人」であることを思い起こさねばなりません。それですから一つの事を神の前で審議しようとするとき、自分の頑なな心、高慢、神の利益に徹することの出来ぬ悲しみの心をもって、イエス・キリストにおける神の恵を求める祈りなしには、神の御前会議において、その事業に発言する事は出来ないことに気づかされます。その意味では、世俗の会議と教会会議の差は歴然としています。

牧師室より 一覧ページへ