牧師室より

「ブリュッセル日本語教会」

 先の常議員会で、教団の世界宣教幹事によるヨーロッパ出張報告がありました。ベルギー-ブリュッセル日本語教会の訪問と、受入れ団体であるベルギー福音宣教会の「評価会」への参加を求められたとのことであった。

 ベルギー福音宣教会は、主にイギリス人がベルギー人に福音を伝えるために作られた宣教団体です。ここが川上真咲・寧宣教師のビザを保証している団体です。

 川上牧師は2017年4月からブリュッセルの教会に赴任しています。その様子は宣教支援会会報を通して、私たちの教会にも伝えられています。教会の規模が小さいブリュッセル日本語教会では宣教師を支えることは出来ず、日本の支援会から毎月約50万円の送金があることがビザ発給の条件となっています。ベルギー宣教支援会では毎月の収入が約30万円ほどで、差額の20万円は積立を取り崩して送金にあてています。このままでは今年中には積立が無くなり、送金できなくなると予想されています。

 ベルギーでの宣教師の活動を覚え、ぜひ宣教支援会に御協力ください。パンフレットはロビーの机の上に置かれています。

牧師室より 一覧ページへ