牧師室より

イースターおめでとうございます。

5月9日は聖書協会世界連盟祈祷日です。

1946年5月9日、戦争で荒廃した世界の人々のために、そして復興のために、
いち早く聖書を届けようと聖書協会世界連盟(USB)が13の聖書協会によって
誕生しました。

その協力によって、第二次大戦により荒廃した日本にも700万冊の
新約聖書が贈られ、戦後復興の大きな力になりました。
今日でも世界に社会不安は絶えません。

現在、146の聖書協会は連帯して助けあい、「この世の命-神のことば-」を
スローガンに、すべての人が自分の言葉で聖書を読める日が来ることを目指しています。

日本聖書協会でも多くのプロジェクトが活動しています。
2013年から始まったキューバへの100万冊聖書支援プロジェクトは、
現在目標の75%まで達成しました。
2014年から始まったモンゴル語聖書翻訳プロジェクトは聖書全巻の10%が
翻訳完了して、2028年の完成を目標にしています。

この聖書協会の働きへの募金案内はロビーのテーブルにあります。
どうぞお持ちの上、御協力ください。

牧師室より 一覧ページへ